画像
ブレーキの整備

ブレーキの整備

ブレーキオイルのお話

 ブレーキオイルのお話

ブレーキオイルは年数を経過する毎に水分を多く含む様になります。
そのため、沸点が下がってしまいベーパーロックという現象を引き起こします。
ベーパーロックとは、沸騰したブレーキオイルの気泡によりブレーキの力が分散されてしまい、
ブレーキが利き難くなってしまう現象を言います。

ブレーキオイルの交換方法

 ブレーキオイルの交換方法

各ブレーキにブレーキオイルを抜くブリーダが付いています。
専用器具を使ってブレーキオイルを圧送させて交換します。
ブリーダーを緩めてブレーキペダルを踏み込めば古いオイルと空気が押し出されます。

ドラムブレーキ

 ドラムブレーキ

この車はリヤブレーキがドラムブレーキです。これはブレーキドラムを外した状態。
普段はカバーで覆われているので見えません。削れカスも中にたまってしまいます。
定期点検では、ブレーキをクリーニングし、機能部品にはグリスを塗っておきます。
また、ブレーキ調整をすることで前後のブレーキバランスも良くなり、全体として
ブレーキの利き具合も変わってきます。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
078-843-0171
で受け付けております。

お問合せフォーム(メール)は24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。(回答は翌営業日になります)

>> お問合せフォームはこちら

車検・整備の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!